2012年7月23日

醤油・味噌

photo01[1].jpg photo01[1].jpgphoto01[1].jpg 

ひまわり保育園の給食で使っている

醤油と味噌は

七尾市一本杉通りに店を構える

鳥居醤油店さんの物を使っています。

  

 

先日、当主の鳥居正子さんとお話しする機会があり

醤油づくり、味噌づくりについて

様々なお話を聞かせていただきました。

 

 

醤油も味噌も

「子ども達が安心して食べられるものづくり」をしようと

大手のように発酵促進剤などの添加物や

保存料を入れたりすることなく

昔ながらの方法で

じっくり手間暇かけて作っているそうです。 

 

醤油は

  石川県珠洲産大豆、中能登産小麦を

木樽で2年間熟成した天然仕込みの醤油 

 

味噌は

全て能登産(小麦、こしひかり、自然塩)だけを使い

くず米などは一切使わず

麹づくりから全て鳥居さんが手掛け

1年間熟成させたお味噌です。

  

 

「ひまわり保育園の給食は美味しい」

と、言っていただけるのは

栄養士、調理員の努力だけではなく

その影には

鳥居醤油店さんの

ものづくりへの真摯な仕事があるのだと感じました。

 

子ども達には

これからも本当の味噌、醤油の味を

しっかり味わってもらいたいと思います。

 

 

(写真は鳥居醤油店さんのホームページからお借りしました。)

鳥居醤油店ホームページ

http://po5.nsk.ne.jp/~shouyutorii/index.html

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/4046

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ