2012年12月 3日

和太鼓

 PC038196.JPG

おたのしみ会最後のプログラムで披露するのは

年長児バンビー組による『和太鼓』です。

 

和太鼓の魅力は

叩けば大きな音が出るという親しみやすさ。

 

ドオォーンという大きな音を

耳で聞くと言うよりも

身体全体が大きな振動に包まれるような感覚。

 

皆で一つのリズムを刻めた時の一体感。

 

なんとも言えない魅力があります。 

 

 

 

しかし

実はものすごーーく難しい楽器。

 

和太鼓には音階がありません。

基本的にリズムのみです。

リズムの間違いは誰でも聞き分ける事ができるので

ゴマカシがききません。

  

 

自らの役割に気持ちを集中させることと同時に

仲間と呼吸と気持ちを一つにして演奏しなけらば

あっという間にバラバラになります。

 

 

今日の練習では

集中し、息の合った演奏をしていました。

叩き終えた後の表情は

「どぉーーだ! 俺たちの太鼓!スゴイだろ!」

と言わんばかりの

ドヤ顔。

 

今週末の本番も

その顔で演奏してくれることを願っています!

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/5169

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ