2013年1月 9日

じんざい

P1058731.JPG

初出はよくわかりませんが

ビジネス本を読んでいると必ずと言っていいほど

4つの「じんざい」という

「人材」「人罪」「人在」「人財」の分類が登場します。

 

「人材」

実績はないが成長が期待できる人。普通の人。

または、言われたことはそこそこ こなすことができるが

自分中心の思考しかなく、なんでも自分を優先する人。 

 

「人罪」

仲間の悪口やマイナスな事しか言わず

存在自体が周囲に悪影響をおよぼす、いると困る人。

トラブルメーカー、お荷物…。

 

「人在」

ただそこに存在しているだけで、プラスでもマイナスにもならない人。

いても いなくても どっちでもいい人。

成長が期待できない人。

  

「人財」

自分の能力が発揮できる環境を自ら求め

周囲の人も良い方向へ導く

組織にとってなくてはならない人。

 

 

 

自分自身を振り返り

また、周囲の同僚を見渡して…

 

今の自分はどの「じんざい」だろうか?

 

あの人は私をどの「じんざい」だと思っているのか?

 

これからもずっと私はこの「じんざい」のままなのだろうか?

 

どうやったらあの「じんざい」なれるのだろうか?

 

あの人はどうやってあの「じんざい」になったのだろうか?

 

 

 

 

「この人のようになりたい!」

という思いをもつことが成長の原動力になります

 

それとは逆に

「こうはなりたくない!」

という思いをもつことも原動力になります。

 

 

4つの「じんざい」という言葉を使って

自己点検してみる。

そして

自分がどんな保育士になりたいか

どんな保育士になりたくないか

新年のスタートとともに考えてみるのも良いかと思います。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/4927

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ