2013年1月24日

読み聞かせ

 P1060476[1].jpg

 子供にとって

保護者や先生からしてもらう読み聞かせは

大きな宝物です。

 

読み聞かせを楽しんで育った子は

親子の絆や先生との信頼関係を深めるだけではなく

読み書きや聞き取りの力、理解力が身につき

自然と読書や勉強が好きな大人になると言われています。

 

 

インターネットの記事を見ていて

「読み聞かせで子供を読書好きにする10の方法」見かけたので

ご紹介します。

 

参照元 「10 Tips to Make Reading Fun for Your Child 」 」」』』  」 ]] 

 

 

「読み聞かせで子供を読書好きにする10の方法」

 

1.なるべく毎日読む。

 ほんの数分でもいいから毎日読むのを習慣にしよう。

 

2.読み聞かせの場所を作る。

 ソファーやクッションを重ねて場所を作り

 安心して読める居心地の良い場所で読もう。

 

3.子供に本を選ばせる。

 子供自身が選ぶことが大切。図書館を利用して関心を持てる絵本を見つけよう

 

4.表紙について語る。

 イラストの感想を聞いたり、何の話か想像させたりすると本を開く楽しみが増す。

 

5.登場人物の声色を使い分ける

 大げさにする必要はないが、単調にならないよう、早口にならないようじっくりと読む。

 

6.挿絵を見せながら読む。

 挿絵は内容の理解を深めるだけではなく、物語を身近に感じさせてくれる。

 

7.読み返す。

 読んだら終わりにしないで、内容について話あう。

 難しかった言葉について分かっているか確認する。

 

8.現実と結び付ける。

 本の内容と現実の世界を結び付けて物語を身近に感じさせよう。

 

9.本について感想を話す。

 どんなことが面白かったか、どんなところが気に入ったか等を話し合う。

 

10.絵本のジャンルが偏らないようにする。

 いろいろな本を読み、世界を広げてあげよう。

 子供の興味がいろんなジャンルに向くようになるかもしれません。

 

 

 

本を読むことで人生は豊かになります。

ひまわり保育園でも絵本の読み聞かせを大切にしていますが

ぜひぜひ、ご家庭でもお子さんと楽しい読書の時間をお過ごしください。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/5486

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ