2013年3月19日

修了式前日

 P1090018.JPG

年長児13名が明日 巣立っていきます。

短い子は3年ぐらい

長い子は6年以上の年月を

ひまわり保育園で過ごしました。

 

毎日のように同じ屋根の下で過ごしてきた私たちにとって

身近にいることが当たり前のようでしたが

ついに明日でお別れです。

 

決して悲しい別れではなく

嬉しい別れなのだと言いきかせていますが

明日でお別れと思うと やはり心中は複雑です。

 

 

子供達にとって 

保育園生活は楽しいことばかりではなかったと思います。

それでいいのです。

 

友達とのかかわりの中で

楽しかったことだけが

子供達を成長させた訳ではなく

悲しかったことも

腹の立ったことも

辛かったことも

我慢したことも

全ての経験が

子供達を大きくしてくれたのです。

 

 

修了児が最後に歌う歌は

 『 さよならぼくたちの保育園 』です。

担任の〇下先生が思いを込めて選んだ曲です。

 

さっき私が書いたことが

シンプルに、親しみやすいメロディで歌われています。

 

 

『さよならぼくたちのほいくえん』

 たくさんの毎日を ここですごしてきたね

なんど笑って なんど泣いて

なんどかぜをひいて

 

たくさんのともだちと ここで遊んできたね

どこで走って どこでころんで どこでけんかをして

さよなら ぼくたちのほいくえん 

ぼくたちの遊んだにわ

桜の花びら ふるころは  ランドセルの一年生
 

                   (一番のみ載せました)

 

          作詞: 新沢としひこ  作曲:島筒英夫  

 

 

練習している歌声を聞いているだけで

胸が熱くなります。 

 

 

明日は胸を張って

修了証書を受け取ってほしいと思います。

 

最高にかっこいい修了児の姿を

ご家族に、先生に、年下の友達に、地域の方に

見せてあげましょう。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/5956

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ