2013年7月27日

プールの水

P7261371.JPG

梅雨明けはまだですが

夏まっさかりな今日この頃。

 

お天気にさえ恵まれれば

水あそび・プールあそびが

毎日の保育のメインとなっています。

 

 

 

保護者の方から

「気温何度ぐらいでプール遊びするのですか?」

という質問を頂いたので

この場でもお答えしますね。

 

 


「 水温≧24℃ 」

「 水温+気温≧50℃ 」 

この2つが満たされればプールOKということにしています。

 

 

お天気が良さそうだったのに

なんでプール入らなかったの?

なんて日があったりするのは これが理由です。

 

ちなみに

文部科学省の学校体育の水泳時における最低水温は22℃です。

多くの保育園でもだいたい24℃が目安になっているようです。
 

 


 

プールの水は、毎日塩素消毒しています。

プールの水に適正な残留塩素が存在していれば

プールの水が原因となる感染症については

心配する必要がなくなるからです。

 

 遊離残留塩素濃度0.4mg/l から1.0mg/l以内に保っています。

プールの水質基準は

厚生労働省・文部科学省から示された基準に沿っています。

 

毎回、「残留塩素濃度測定器」という器具で測定しています。

 


 

   
プールの水の入れ替えは

使用後に毎回すべての水を抜いて

きれいに掃除して、乾燥させています。

 

そんな訳で

夏場の水道代は

全身に鳥肌が立ち

寒気を感じる程にすさまじい金額になります……。
 

 

  

 

きっと近々梅雨が明けることでしょう。

 

 

これからが夏本番!!

暑ければ暑いほど楽しくなるのが水遊びです!

 

 

 

 

楽しいぶんだけ体力を消耗します。

毎日、思いっきり水あそび・プール遊びを楽しめるよう

帰宅後は、たっぷりの栄養と十分な睡眠を心がけてくださいね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/7300

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ