2013年12月 7日

脇役

 P1090049.JPG

ある保護者の方から頂いたご意見です。

 

『お迎えの時間に様子を見ていると

 子供達が好きな玩具で遊んでいるという印象を受けます。

 先生も一緒になって楽しく遊ぶというより

 子供をみているだけという感じがして気になります。』 

 

 

 

保育園での子供達の遊びや生活に

関心をもっておられる方からのご意見だと

大変うれしく思いました。

  

 

 

 

朝夕の自由遊びの時間は

子供達が自ら好きな遊びを選び

一人夢中になって遊んだり

友達との関わりを楽しみながら遊べるよう

 

保育士はあえて遊びの中に入らず見守るようにしています。

 

 

保育士は子供の興味や関心を引き出すために

場所や玩具を準備して手助けをする

脇役に徹しています。
 

 

 

 

 

自由遊びは知育やお稽古事のように

効果が目に見えて表れないために疎かにされがちですが

  

子供は、自由に遊ぶことを通して

人間として生きてゆくための基礎的な能力を習得します。

 

  

 

幼児期の子供達に最も必要な経験は

先生に導いてもらうことに慣れるのではなく

 

自分のやりたいと思えることを見つけて

夢中になって遊ぶ満足感や達成感を感じたり

 

 

友達と遊ぶ中で

主体的に判断し行動し

より良く問題を解決する経験を積むことです。

 

 

 

 

そのために 

朝夕の自由あそびの時間は

保育士は脇役になるのです。

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://with-himawari.jp/mt/mt-tb.cgi/8617

コメントする

ブログ: 月別アーカイブ