fukinotou.jpg

先週、年長児バンビー組と一緒に

徳田小学校に向かって歩いていたら

道路脇にフキノトウが顔を出していました。

 

トン…トン…トン…と

暖かい春の到来を知らせようと

フキノトウが春の扉をノックしているようでした。

 

 

年長児バンビー組の子供達も

光の降りそそぐ新しい世界へ扉を押し開けようとしています。

フキノトウのように穏やかに静かにではなく

ドンッ!!ドンッ!!扉を蹴破りそうな勢いです。

 

扉を開けた瞬間

できる できない なんてお構いなしに

きっと大人が「慌てすぎないで!」と心配するほ

自分の世界を一気に広げて行くのでしょう。

 

 

 

子供達は たとえできなくてもやろうとしたがるのに

大人は大抵のことはできるのにやらない。

 

年齢とか能力とか才能とかではなく

きっとこの差が

子供がもっている可能性と

大人がもっている可能性の差なんでしょう。 

 

 

そんなふうに考えだすと

子供達への尊敬にも憧れにも似た思いが芽生えてきます。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL