デザイナー

ochibaarare.jpg

紅葉を楽しむ間もないほどに

連日の雨、雷、霙(みぞれ)、霰(あられ)…。

 

 

 

鉛色の雲に覆われる北陸の冬がやってきました。

子供達が外に出て遊ぶことが難しい日が

当分続きそうです。

 

 

 

 

こんな日は

子供が遊び、生活する空間と時間を

いかに楽しく構成できるか

保育者のセンスがキラッと光る時です。

 

 

 

先日の大荒れのお天気だった日も

先生方が提示したアスレチックや鬼ごっこ等のゲームで

汗をかいて思いっきりエネルギーを発散させて遊んでいました。

 

 

そのすぐ後には

ブロックやパズル、はさみやのりを使った製作等の

静かに集中して楽しんでいる子供達の姿がありました。

 

 

動と静の両方を

上手くバランスをとりながら

 

 

 

子供達にとって

自然な流れで学び(遊び)の場を作ってくれる

先生方に感謝しています。

 

  

 

保育士って

空間と時間のデザイナーなんだと

先生方を見ていて感じます。

 

 

 

 


 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL