醤油

DSC_8587[1].jpg

認定こども園ひまわりの給食で使っている醤油は

七尾市一本杉通りに店を構える

鳥居醤油店さんの物を使っています。

  

 

以前、当主の鳥居正子さんとお話しする機会があり

醤油づくりについて

様々なお話を聞かせていただきました。

 

 

醤油は

原料の大豆、小麦、塩は

地元能登の農業法人と協力して近くから入手しています。

それは、子供達に安心して食べてもらいたいから

誰がこの原料を作っているのかが分かることを大切にしているそうです。

 

大手のように発酵促進剤などの添加物や

保存料を入れたりすることなく

昔ながらの方法で

じっくり手間暇かけて人の手で作っているとのこと。 

 

 

「ひまわりの給食は美味しい」

と、よく試食した保護者の皆様から言っていただけるのは

栄養士、調理員の努力だけではなく

その影には

鳥居醤油店さんの

ものづくりへの真摯な仕事があるのだと感じました。

 

子供達には

これからも本当の醤油の味を

しっかり味わってもらいたいと思います。

 

 

(写真は鳥居醤油店さんのホームページからお借りしました。)

鳥居醤油店ホームページ

http://www.toriishouyu.jp/


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL