雪あそび(2)

P1290137.JPG

例年になく寒くて雪の多い年となりました。

 

上の写真は雪でベタベタになった長靴やクツ下…

先生方が子供達の寝ている間にヒーターの前に並べて乾かしています。

今日も盛大に雪あそびを満喫していました。 

 

北陸に住む大人にとって

雪は少なければ少ないほど嬉しいもの。

 

逆に、子供達にとっては

雪は多ければ多いほど嬉しいもの。

 

ちなみに、子供の気持ちがよーく分かる保育教諭は

子供達の大はしゃぎして雪あそびしている

嬉しそうな笑顔が頭に浮かんできて

保育教諭は雪かきが大変だ…という思いと

子供達と思いっきり雪あそびできる!

という思いが半分半分といったところでしょうか。

 

 

幼い頃に子供達達がこの雪をどう感じたか

ふるさとの雪でどれだけ楽しい思い出を作ったか

ふるさとの気候をどれだけ楽しめたかということは

いつか大人になった時

ふるさとに対する感情に少なからぬ影響を与えるように思います。

 

太平洋側に比べると

北陸の冬は雪が多くて大変。

生活するために大きな負担を強いられますが

それを受け入れられるのも

子供の頃は嬉しくてたまらなかったなぁ…と

古い記憶の中に残っているからだと感じています。

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL